2009年3月21日土曜日

ノート no.2

昨日で順位戦のすべてのクラスの戦いが終わりました。

リーグ途中では他の方々との執念の違いを感じ、内容が一番悪いので降級を覚悟していました…。なんとか残ったというよりも運良く残れたというかんじです。幸運でした。

しかし来期のことを考えると喜んでばかりではいられませんね、このままでは間違いなく降級する確率が高くて・・・。上を目指すのではなく残るための戦いというのは初めてでしたが、自分が思っていたよりも重く後ろ向きで、嫌な毎日でした。

・・・はぁー(ノ_-;)・・・

まだ来期始まってもいないのに、書いてて我ながら情けないですわ、読んで不快にさせてしまったらごめんなさいm(_ _)m
なんか情けないことばかり書いて腹立ってきたせいか、昇級に絡んで自分をびっくりさせたくなりました。
次は熱戦と言われるものを多く指したいですね。

自分は最終戦、自分の読みを信じられず、パッと違う手を指してしまいました。その手が悪手で…まだ難しいところだったのに、呆れて悪手に悪手を重ねあっさりと簡単に負けてしまいました(T_T)

杉本-屋敷戦や窪田-北島戦などほかの対局をみると、自分が呆れてだめだと思った局面よりさらに悪くて勝ち目がなさそうな所からねばってねばって・・・報われなかったものの、見ているこちらを「まさか…」とどきどきさせてくれました。

そんな将棋ができるチャンスを逃してしまったのが心残りなので、来期はどきどきできる将棋をたくさん指したいです!

8 件のコメント:

しいのみ さんのコメント...

来期は手に汗握る将棋でドキドキしたい・・・ファンの思いも同じです。

期待しています☆
フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレー

隠れ山崎ファン さんのコメント...

毎回、同じ反省をするだけならタコでもできます。
そんな耳にタコの言い訳は聞きたくありません。

自分に嫌気がさすのは10年早いです。
ものわかりよく悩んで、すべてが解決したような気持ちになるのは、超一流棋士になってからにしてください。
ありあまる才能も、そのうち枯渇します。
けっこう、残された時間はありません。

新年度からの一局一局、向こう40年間は全身全霊尽くされんことを願います。

匿名 さんのコメント...

山崎七段が解説していた“将棋界の一番長い日”を偶然TVで見て、ルールは分からなかったんですけど、将棋って面白いなぁと思って、目下一手詰めで勉強中です。応援しているので、頑張ってください。

匿名 さんのコメント...

去年の竜王戦の解説をテレビで見て将棋と山崎七段のファンにになりました。

来期の順位戦、気になって調べてみたのですが、山崎七段の他のB級1組・12名の棋士に対するこれまで(2001年以降)の勝率は6割で、久保八段、深浦王位に次いで3番目の高成績でした。
(自分で計算したので、間違ってたらゴメンナサイ…)
昇級にも充分絡んでいける実績があると言えるのではないでしょうか。降級なんてとんでもないです。

自信を持って頑張ってください。
応援してます。

匿名 さんのコメント...

広島のみなさんも残留にホットされていました。

こんな時は初心に戻るで、広島将棋センターへ遊びに来られてはどうでしょう。

小学生達が、山崎さん、片上さん、糸谷さんに続けと頑張っています。
去年の秋のプロアマで片上さんに平手で負けて本気で悔しがる2年生とか、中々ですよ。

匿名 さんのコメント...

元気出して頑張ってください。

男前なので特に頑張ってください。

やっきー さんのコメント...

順位戦特にB1だと接戦になるので展開によっては上を狙えると思います。諦めず頑張りすぎずでいって欲しいです。

kazu さんのコメント...

山崎さんのファンです♪
一年前からNHK杯を毎週欠かさず見るようになり将棋の醍醐味を実感するようなりました。2005年優勝時見逃してしまったので今年はリアルタイムで応援したいと思います。
今年はやってくれますよね?^^
山崎さんのご活躍期待します。